TOP > 永代供養 > 永代供養 料金体系(仏教)

永代供養 料金体系(仏教)

料金体系について

当霊苑の永代供養塔は、「生きとし生けるものは全て自然に還る」という考えから三十三回忌まで納骨室で骨壷安置し、その後合祀するという流れを基本としております。
三十三回忌は、一周忌・三回忌・・・と続いてきた年忌法要の1つの区切りととして特に手厚く執り行われ、遺族や親戚、知人などが集まり、もう一度故人を偲ぶ節目と考えております。
ゆえに、三十三回忌をもって年忌法要を終了し、故人としてではなく、先祖の霊として祀られますので、当霊苑では三十三回忌後合祀するご提案をしております。

(地域、地方によっては三十三回忌ではなく五十回忌とするところもあります。)

年回忌(仏教)

■その他
命日やその他法要につきましては、1供養につき¥30,000でお承り致します。
ご両親、ご先祖様と共にとお考えの方等ご相談内容に応じて別途御見積り致します。
※上記金額には、追善供養費(年1回春)が含まれております。
※初期の費用以外は一切かかりません。
※宗派は問いません。
※生前でのお申込ができます。
※その他ご要望や詳細につきましては管理事務所までご連絡下さい。

料金表(仏教)